秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

法師温泉 長寿館

塩原 新湯温泉 中の湯 < 前の温泉     次の温泉 > 四万温泉 河原の湯

 

 

宿には早く着く! をモットーに行動している今夜の宿は、群馬県利根郡

みなかみ町の法師温泉。

 

栃木県の塩原からオートバイでならば、日塩もみじライン、鬼怒川、日光、

老神と抜けて走りたいところですが、クルマでの移動となると、時間的に

キビシくなってきました。

 

仕方なく国道400号線を戻り、西那須塩原ICから東北道、全通になって

間もない北関東道、関越道と高速道路を繋いで月夜野ICまで。

 

20110610houshi01.jpg

 

月夜野大橋で利根川を渡り、国道17号線で猿ヶ京温泉を抜けて、明日に

備えて給油を済ませ、新潟との県境に近い法師温泉を目指します。

 

20110610houshi02.jpg

 

歴史を感じさせる佇まい、風情は法師温泉の一軒宿、長寿館

 

20110610houshi03.jpg

 

20110610houshi04.jpg

 

20110610houshi05.jpg

 

部屋に通していただくまでの館内の素晴らしさに言葉もありません。

 

20110610houshi06.jpg

 

法師川沿いに建つ、新緑美しい部屋の窓からは女性専用、長寿乃湯の

趣きある造りがすぐそこに。

 

20110610houshi07.jpg

 

浴衣に着替え、渡り廊下を行くと・・・

 

20110610houshi08.jpg

 

休憩処などを経て混浴の (女性専用時間帯あり) 法師乃湯。

 

20110610houshi09.jpg

 

20110610houshi10.jpg

 

やさしく清廉な湯が足元から気泡とともにコンコンと湧き出ています。

 

20110610houshi11.jpg

 

湯上りには下駄で散策し・・・

 

20110610houshi12.jpg

 

長い廊下を部屋に戻ると・・・ 

 

20110610houshi13.jpg 

 

夕食。 

 

20110610houshi14.jpg 

 

食後は男女の時間が交代制の総檜造り、玉城乃湯でのんびりと。 

 

20110610houshi15.jpg 

 

せせらぎの音色に、やさしく夜が更けてゆきます。

 

 

翌朝、雨音に目覚めると、

 

20110611houshi16.jpg 

 

法師川の水面に雨粒の波紋が広がり、やさしく灯る湯船のあかり。

 

20110611houshi17.jpg 

 

まだ誰しもがあたたかい眠りの中、結婚25周年の二人の時間を。

 

20110611houshi18.jpg 

 

美味しい朝食をしっかりいただき、 

 

20110611houshi19.jpg 

 

宿を振り返ると、この旅の最終日になる温泉に向けて出発です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

塩原 新湯温泉 中の湯 < 前の温泉     次の温泉 > 四万温泉 河原の湯

コメント(2)

I just want to mention I'm all new to blogging and honestly savored this page. More than likely I’m going to bookmark your website . You certainly come with incredible writings. Many thanks for revealing your blog site.

My favorite memory is last year. It was my mom and aunts first year to Farm Chicks. They hadn’t a clue what they had got themselves into. An hour or so after arriving they were calling for help and pick-ups, they had already purchased well beyond what their vehicle could hold. I love Farm Chicks show.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。