秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

DRIVE 三斗小屋温泉

 

 

「10周年のときは九州、地獄温泉清風荘だったね。 25周年はどこに?」

 

妻にそう尋ねられて気付いたのですが、なんと! 早いもので銀婚式です。

 

これは以前から 「行きたい!」 と宣言だけしておきながら、その距離から

なかなか実行出来ずにいた、山歩きでしか向かえない、三斗小屋温泉に

行かねばなりません。

 

山歩きが苦手な妻も、銀婚式の記念旅行となれば、口説き落とせそうな

気がしないでもないですし・・・ (笑)

 

20110609nasuyumoto01.jpg

 

なんとか連休が取れ、仕事終了後の午後10時スタートで高速道路に乗り、

渋滞の気配から東京ルートは避けて日本海側を走り栃木県を目指します。

 

中国道、舞鶴若狭道、小浜西から敦賀まで国道27号線を走り北陸道へ。

 

20110609nasuyumoto02.jpg

 

リアシートでシュラフを羽織って交代で寝ながらの運転、福井県南条SAで

やっと夕食タイム、温かい越前おろし蕎麦など。

 

20110609nasuyumoto03.jpg

 

ひたすら日本海沿いを北上、新潟の手前で夜明けを迎え、新潟中央JCTから

磐越道で東へ。

 

工事通行止めで一旦降りて、津川IC~西会津IC間のみ国道49号線を走って

 

20110609nasuyumoto04.jpg

 

午前6時半、磐梯山SAに着いてコーヒーブレイクの記念撮影。

出発時からすでに山服で行動し、迎えた快晴の朝に磐梯山がシアワセ。

 

郡山JCTから東北道を南下、那須高原SAでトイレ休憩後、那須ICで降りて

 

20110609nasuyumoto05.jpg

 

県道17号線を那須連峰に向けて高度を上げて行きます。

 

避暑地、温泉街を抜けて急なカーブを曲がり、広い駐車場にクルマを停めると

 

20110609nasuyumoto06.jpg

 

栃木県那須郡那須町、那須湯本温泉、元湯鹿の湯

 

20110609nasuyumoto07.jpg

 

あたりに充満する硫黄の匂いがシアワセです。

 

20110609nasuyumoto08.jpg

 

その歴史を感じさせる佇まい。

 

20110609nasuyumoto09.jpg

 

さすがの良い湯に人気も高く、浴室内の写真は遠慮させていただいたので

公式ホームページからお借りした写真を。

 

手前から順に熱い湯船になります。 写真右奥が一番熱い48度!

もちろん浸かりましたよ、肩まで。 0.5秒ほどですけど。 (笑)

 

20110609nasuyumoto10.jpg

 

青空の下、間近に迫る那須連峰、主峰登頂を目指す前に、もう一湯。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

那須湯本の温泉街を抜け県道17号線を北上、看板を見落とさぬように

北温泉を目指します。

 

北湯温泉、北の湯、表記が何種類かあるようです、どれが正解???

 

20110609kita01.jpg

 

那須連峰を眼前に高度を上げて行く気持ちのよい道。

 

20110609kita02.jpg

 

駐車場にクルマを停めれば遊歩道を下って徒歩約400m。

 

20110609kita03.jpg

 

緑まぶしい樹木の向こうに見えてきた建物。

 

20110609kita04.jpg

 

あぁ、つげ義春氏の作品、そのままの景色が・・・

 

20110609kita05.jpg

 

栃木県那須郡那須町大字湯元、北温泉旅館に着きました。

 

20110609kita06.jpg

 

石段を登って玄関をくぐると・・・

 

20110609kita07.jpg

 

薪ストーブと猫がお出迎え。 (笑)

 

20110609kita08.jpg

 

薄暗い館内は、その昔の修験場としての雰囲気を濃厚に残しています。

 

20110609kita09.jpg

 

案内のままに軋む廊下を行くと・・・

 

20110609kita10.jpg

 

天狗の湯。

 

温泉好きには、もう言葉もありません。

 

20110609kita11.jpg

 

と言いつつ 「あれ、ま、きゃ!」

 

20110609kita12.jpg

 

ランプの灯りの下に薄暗く静かな混浴、掛け流しのシアワセ温泉です。

 

20110609kita13.jpg

 

外には打たせ湯が。 その奥には家族の湯。

 

20110609kita14.jpg

 

打たせ湯から見る、天狗の湯の鬼瓦が素敵です。

 

20110609kita15.jpg

 

廊下を戻った先の芽の湯は女性専用。

 

余笹川沿いには満天の星空が眺められる男女別の露天風呂、河原の湯も。

 

20110609kita16.jpg

 

お土産売り場も鄙びた懐かしさに包まれています。

 

20110609kita17.jpg

 

一旦、外に出て相の湯へ。

 

20110609kita18.jpg

 

外の明かりが射し込む素敵な湯船。

 

20110609kita19.jpg

 

そして・・・ 相の湯からそのまま、泳ぎ湯へ。

 

多量の掛け流しの湯が注ぎ込んでいるおかげで、この大きな湯船? の

どこで浸かっても適温なのが驚きです。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

北温泉から県道17号線を上って、那須ロープウェイの山麓駅駐車場へ。

 

20110609santogoya01.jpg

 

少し上に峠の茶屋駐車場もあるのですが、「晴れていたら茶臼岳経由で」

と決めていたので、多少ガスに包まれているものの遠回りルートで。

 

20110609santogoya02.jpg

 

ちょうどお昼前、駐車場の隅を借りてキャンピングストーブで湯を沸かし・・・

 

20110609santogoya03.jpg

 

まずは、おにぎりとカップ麺で腹ごしらえ。 (笑)

 

一応、山小屋一泊の登山です、しっかりと装備を確認してロープウェイの駅へ。

 

20110609santogoya04.jpg

 

「山頂方面ガスで真っ白やで、登るん?」

 

20110609santogoya05.jpg

 

山登りに積極的でない妻に 「ロープウェイ使うから楽勝やで」 と乗り込み、

 

20110609santogoya06.jpg

 

山頂駅下車で歩き出しますが、すでにお疲れモード全開。

 

リアシートで交代で寝たとはいえ、徹夜で800km以上走ってきてますから

仕方ありません。 それでも・・・ 「がんばって歩きましょ」

 

20110609santogoya07.jpg

 

「もうダメ」

 

20110609santogoya08.jpg

 

「あとちょっとやから」

 

遥か眼下に駐車場。 

 

20110609santogoya09.jpg

 

ガレた斜面をひたすら登り・・・

 

20110609santogoya10.jpg

 

左隅に彼女、稜線に別パーティーが。

 

20110609santogoya11.jpg

 

本当にあと少し。

 

20110609santogoya12.jpg

 

山頂に続く鳥居をくぐって・・・

 

20110609santogoya13.jpg

 

茶臼岳 (那須岳) 山頂 1,915m に着きました。

 

20110609santogoya14.jpg

 

目指す三斗小屋温泉は、遠景の山の向こう側へ回り込んだあたりでしょうか。

 

20110609santogoya15.jpg

 

峰ノ茶屋跡の避難小屋を通過して・・・

 

20110609santogoya16.jpg

 

ザレた斜面を下ります。

 

20110609santogoya17.jpg

 

二つ目の県営避難小屋も通過し、無間谷の沢に出合いました。

 

20110609santogoya18.jpg

 

濡れた山道を歩き・・・

 

20110609santogoya19.jpg

 

「うひゃ、冷たい!」

 

なかなか前に進みません。 (笑)

 

20110609santogoya20.jpg

 

延命水、旨っ!

 

20110609santogoya21.jpg

 

「おっ、着いた?」

 

20110609santogoya22.jpg

 

ロープウェイ山麓駅から茶臼岳山頂経由で、2時間40分でした。

 

20110609santogoya23.jpg

 

部屋でザックを降ろし・・・

 

20110609santogoya24.jpg

 

ビール、ビール!

 

非常食は酒の肴、シグボトルの中にはアルコール。 (笑)

 

20110609santogoya25.jpg

 

まずは内湯の共同風呂から。 女性専用の時間帯もあります。

 

20110609santogoya26.jpg

 

湯上りに宿の周りを散策。

 

20110609santogoya27.jpg

 

すぐ隣には、もう一つの三斗小屋温泉、大黒屋

 

ここの木造りの浴舎、浴槽もとても素敵です。 ただどちらの宿も日帰りでの

入浴は受け付けておらず、泊まらなければ入られません。

 

次回はぜひ大黒屋さんの湯にも!

 

20110609santogoya28.jpg

 

山小屋の夕食は午後4時30分。 食材やビールのボッカが大変そうです。

 

20110609santogoya29.jpg

 

食後にガスに包まれて露天風呂。

 

栃木県那須塩原市三斗小屋温泉、煙草屋旅館の湯はシアワセです!

 

 

午後9時にはすべての灯りが消える山の宿。

 

夕方6時前には床に就きましたけど・・・ (笑)

 

20110609santogoya30.jpg

 

明けて翌朝4時の露天風呂。

 

明け方に激しく降った雨で昨日、ガスで見えなかった山並みがくっきりと!

 

20110609santogoya31.jpg

 

露天風呂全景、もちろん女性専用の時間帯もあります。

 

20110609santogoya32.jpg

 

使い込まれ磨きぬかれた廊下・・・

 

20110609santogoya33.jpg

 

パッキングを済ませてから朝食です。

 

20110609santogoya34.jpg

 

さて元気に出発!

 

20110609santogoya35.jpg

 

昨日の山道を一旦登り、峰ノ茶屋跡を通過して山を下りるルートです。

 

20110609santogoya36.jpg

 

延命水を空になったペットボトルに注いでおきましょう。

 

20110609santogoya37.jpg

 

森林浴ぅ~!

 

20110609santogoya38.jpg

 

残雪も。

 

20110609santogoya39.jpg

 

あの尾根の向こうの谷間から歩き出し、だいぶ高度をあげました。

 

20110609santogoya40.jpg

 

峰ノ茶屋跡避難小屋から昨日登った茶臼岳を眺望して小休止。

 

「あそこ登ったん? ワタシが??」

 

20110609santogoya41.jpg

 

と、強い陽射しに日焼けを気にしながら歩みを進めます。

 

20110609santogoya42.jpg

 

「疲れた足には下るほうが辛いね」

 

20110609santogoya43.jpg

 

下りはロープウェイを使わずに、なんとか山麓駅まで下山。

 

汗をぬぐって着替え・・・

 

20110609santogoya44.jpg

 

那須高原をあとに、次の温泉を目指しましょう。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

那須高原を県道17号線で下り30号線へ右折、心地よい道路を行きます。

 

国道400号線へ右折した道の駅でソフトクリーム休憩などすれば、すぐに

栃木県那須塩原市の塩原温泉郷です。

 

20110610shiobarashinyu01.jpg

 

箒川の両岸に広がる新旧温泉街、ゆっくりと散策してみたくなります。

 

20110610shiobarashinyu02.jpg

 

と、ちょうどお昼時、B級グルメで有名な 「塩原スープ入り焼きそば」 を

こばや食堂さんで。

 

20110610shiobarashinyu03.jpg

 

あっという間に満席、観光客のみなさんはほとんどこのメニューみたい。

 

20110610shiobarashinyu04.jpg

 

フフフ、スープに混じったソースの酸味がなんともそそります。

 

さて、入らせてもらう湯に迷うほどの塩原十一湯、どれも魅力的なのですが

今回の旅では、温泉街の国道400号線から県道19号線を少々上ったところ、

 

20110610shiobarashinyu05.jpg

 

塩原温泉郷は新湯温泉の共同浴場、中の湯へ。

 

20110610shiobarashinyu06.jpg

 

すぐ横のここが源泉、地区の旅館もこの湯を引いているそうです。

 

20110610shiobarashinyu07.jpg

 

中の湯は男女別、平気そうな顔をしていますが結構、熱い湯です。 (笑)

 

20110610shiobarashinyu08.jpg

 

寺の湯は混浴。

 

20110610shiobarashinyu09.jpg

 

そして・・・ 土産&食堂屋さんの横から長い石段を下ったところにある・・・

 

20110610shiobarashinyu10.jpg

 

浴槽の岩の割れ目から自然湧出する源泉、むじなの湯が本日休み!

 

あぁ、塩原へはこの湯を目指してきたのですが・・・ 残念。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

宿には早く着く! をモットーに行動している今夜の宿は、群馬県利根郡

みなかみ町の法師温泉。

 

栃木県の塩原からオートバイでならば、日塩もみじライン、鬼怒川、日光、

老神と抜けて走りたいところですが、クルマでの移動となると、時間的に

キビシくなってきました。

 

仕方なく国道400号線を戻り、西那須塩原ICから東北道、全通になって

間もない北関東道、関越道と高速道路を繋いで月夜野ICまで。

 

20110610houshi01.jpg

 

月夜野大橋で利根川を渡り、国道17号線で猿ヶ京温泉を抜けて、明日に

備えて給油を済ませ、新潟との県境に近い法師温泉を目指します。

 

20110610houshi02.jpg

 

歴史を感じさせる佇まい、風情は法師温泉の一軒宿、長寿館

 

20110610houshi03.jpg

 

20110610houshi04.jpg

 

20110610houshi05.jpg

 

部屋に通していただくまでの館内の素晴らしさに言葉もありません。

 

20110610houshi06.jpg

 

法師川沿いに建つ、新緑美しい部屋の窓からは女性専用、長寿乃湯の

趣きある造りがすぐそこに。

 

20110610houshi07.jpg

 

浴衣に着替え、渡り廊下を行くと・・・

 

20110610houshi08.jpg

 

休憩処などを経て混浴の (女性専用時間帯あり) 法師乃湯。

 

20110610houshi09.jpg

 

20110610houshi10.jpg

 

やさしく清廉な湯が足元から気泡とともにコンコンと湧き出ています。

 

20110610houshi11.jpg

 

湯上りには下駄で散策し・・・

 

20110610houshi12.jpg

 

長い廊下を部屋に戻ると・・・ 

 

20110610houshi13.jpg 

 

夕食。 

 

20110610houshi14.jpg 

 

食後は男女の時間が交代制の総檜造り、玉城乃湯でのんびりと。 

 

20110610houshi15.jpg 

 

せせらぎの音色に、やさしく夜が更けてゆきます。

 

 

翌朝、雨音に目覚めると、

 

20110611houshi16.jpg 

 

法師川の水面に雨粒の波紋が広がり、やさしく灯る湯船のあかり。

 

20110611houshi17.jpg 

 

まだ誰しもがあたたかい眠りの中、結婚25周年の二人の時間を。

 

20110611houshi18.jpg 

 

美味しい朝食をしっかりいただき、 

 

20110611houshi19.jpg 

 

宿を振り返ると、この旅の最終日になる温泉に向けて出発です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

事前に調べておいたのですが、法師温泉から同じく群馬県の四万温泉、

林道を走れば最短距離で繋ぐことが出来ます。

 

オフロードバイクならば何の問題も無いのですが、ハイエースで抜ける

ことが可能か? 過去に乗用車で走破された方々のホームページ等を

参考にさせていただきました。

 

20110611shima01.jpg

 

国道17号線から、たくみの里を目印に県道53号線へ入り、奥平温泉は

遊神館の横を通って秋鹿大影林道へと入って行きます。

 

20110611shima02.jpg

 

未舗装路が始まりました。

 

驚いたのは純正のナビでも法師温泉から四万温泉へは、このルートを

選んでいることで、予備知識なし、林道経験なしの方が、知らずこんな

道に誘導されたら・・・

 

20110611shima03.jpg

 

分岐案内の看板が正しいルート上を走っていることを教えてくれますが・・・

 

20110611shima04.jpg

 

車体が右に。

 

20110611shima05.jpg

 

左に。

 

2WDのハイエースにとっては写真より全域に渡って相当ハードです。

赤土がヌルってスタックしかけた場所もありましたし・・・

 

そんなところではスロットルワークとハンドルに全神経を使っているので

写真どころではありませんでした。 (笑)

 

20110611shima06.jpg

 

落石、倒木は車から降りて手で除けて・・・

 

20110611shima07.jpg

 

カーブミラーが林道終点の気配を伝えます。

 

20110611shima08.jpg

 

抜けて小さな橋を渡れば国道353号線。

 

20110611shima09.jpg

 

そしてすぐに四万温泉街が始まります。

 

20110611shima10.jpg

 

群馬県吾妻郡中之条町四万温泉の公共駐車場に車を停めさせていただき

共同浴場の河原の湯へ。

 

20110611shima11.jpg

 

四万の病に効くといわれる鮮烈に透き通った硫酸塩泉の掛け流し湯、

湯上り後も延々と入浴感が続く良い湯です。

 

20110611shima12.jpg

 

湯上りには、お土産もの屋さんを覗きながら温泉街を散策。

 

20110611shima13.jpg

 

日本最古の温泉建築宿として歴史古い積善館の前で記念撮影、ぜひ

次回は泊まらせていただき、元禄の湯へ入らねばなりません。

 

20110611shima14.jpg

 

路地から路地へと抜けて、日向見川のほとりを駐車場へと戻ります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

四万温泉から国道353号線を南下、日本ロマンチック街道は西寄り側の

県道55号線へ右折して進めば、群馬県吾妻郡中之条町、沢渡温泉への

道案内の看板があります。

 

草津温泉の酸性の強い湯にあたった体を、ここのアルカリ性の湯で癒す、

といわれる 「草津の仕上げ湯」、沢渡温泉病院の大きさが泉質の効能を

物語ります。

 

20110611sawatari01.jpg

 

坂の途中にある共同浴場、小さめの駐車場ですから車を停める際は注意して。

 

20110611sawatari02.jpg

 

湯の花の浮く掛け流しの透明の湯は熱く、肌に染み入るように効いてきます。

 

20110611sawatari03.jpg

 

地元の方々に愛されていることが伝わってくる素敵な湯の共同浴場です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

中之条町の沢渡温泉から国道353号線、県道155号線と繋いで走り、

ぜひ! 石段を歩いてみたかった群馬県渋川市の伊香保温泉へ。

 

20110611ikaho01.jpg

 

ワインディングで有名な榛名山の中腹に位置する温泉街は、その地形から

階段状に広がっているのが魅力です。

 

20110611ikaho02.jpg

 

温泉街の最上部にある駐車場から朱塗りの、かじか橋を渡れば・・・

 

20110611ikaho03.jpg

 

伊香保露天風呂、茶褐色の硫酸塩泉はさすがの人気で混んでいました。

 

20110611ikaho04.jpg

 

湯元から溢れ出た湯が水路を通って石段街へと導かれ、小満口 (こまぐち)

と呼ばれる階段の途中にある分岐で、次々と分けられてゆきます。

 

20110611ikaho05.jpg

 

飲泉所の呑湯。

 

20110611ikaho06.jpg

 

湯元茶屋で温泉ゆで卵をいただき・・・

 

20110611ikaho07.jpg

 

少し歩いてトコロテン。

 

20110611ikaho08.jpg

 

風情がシアワセ石段街! 階段状の素敵な温泉街が続きます。

 

ブラブラと楽しんでお土産買えば、結婚25周年の温泉ドライブは帰路へ。

 

20110611ikaho09.jpg

 

渋川伊香保ICから関越道、上信越道、長野道と走って梓川SAで休憩。

 

20110611ikaho10.jpg

 

中央道、名神高速で夕日が沈み、中国道赤松PAで晩ゴハンして帰宅、

総走行距離 1,885km の温泉ドライブ、フヤけました。 (笑)

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。