秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

フンベ温泉

竹倉温泉 錦昌館 < 前の温泉     次の温泉 > 登別温泉

 

 

レンタカーと宿がセットになった割安パック旅行を妻が見つけてきたので・・・

 

20080506funbe01.jpg

 

神戸はポートアイランドから

 

20080506funbe02.jpg

 

空港大橋を渡って

 

20080506funbe03.jpg

 

駐車場にクルマを停めれば

 

20080506funbe04.jpg

 

初の神戸空港

 

20080506funbe05.jpg

 

人生3度目の飛行機、ワクワクするなぁ。

 

20080506funbe06.jpg

 

見送っていただきながらブリッジを渡る途中からは

 

20080506funbe07.jpg

 

操縦席が間近に。 「安全運転よろしくお願いいたします」 (笑)

 

 

ところで、神戸空港は関空が東に位置する関係上、どちらに向かう飛行機も

一旦、西へ飛び立ちます。

 

北海道へ向かう飛行機が大きく右ターンするのが、ちょうど姫路上空あたりと

聞いていたので、シートはもちろん右の窓際。

 

すると! この日は天候がよかったので、まさに眼下に姫路城が判別できます。

(ウレシイ)

 

播但道沿いに北上し、自宅の屋根を見ながら (それは判らなかったけど・笑)

日本海へ抜けて東へ。

 

神戸空港から北海道へは、右の窓際がおすすめです!

 

 

20080506funbe08.jpg

 

と、キョロキョロしていたら、あっという間に新千歳空港に着いてレンタカー

多さにビックリしながら手続きを済ませ、北海道温泉ドライブのスタートです。

 

20080506funbe09.jpg

 

さっそく昼食へと、国道36号線を南下。

 

20080506funbe10.jpg

 

楽しみにしていた苫小牧港はマルトマ食堂へ。

 

20080506funbe11.jpg

 

が! まさかの休日。

 

20080506funbe12.jpg

 

なので、向かい側の海の駅、ぷらっとみなと市場

 

20080506funbe13.jpg

 

メニューの多さに悩みながら

 

20080506funbe14.jpg

 

ほっき丼!

 

20080506funbe15.jpg

 

リッチに時価 (笑) のキンキ煮。

 

20080506funbe16.jpg

 

食後の、ほっき貝資料館へはポーズを決めて。

 

20080506funbe17.jpg

 

さて、道央道を苫小牧西ICから、鬼が見守る登別東ICまで走り

 

20080506funbe18.jpg

 

クルマを停めて海までの道を歩くと

 

20080506funbe19.jpg

 

湯小屋が。

 

20080506funbe20.jpg

 

いつか訪れたかったフンベ温泉。

 

20080506funbe21.jpg

 

みんなで大切に、いつまでもあり続けて欲しいシアワセ温泉です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

竹倉温泉 錦昌館 < 前の温泉     次の温泉 > 登別温泉

コメント(2)

Great write-up, I’m normal visitor of one’s web site, maintain up the good operate, and It is going to be a regular visitor for a lengthy time. “Good nonsense is good sense in disguise.” by Josh Billings.

I just want to tell you that I am new to blogging and absolutely loved your blog site. Likely I’m want to bookmark your blog post . You certainly have superb writings. Many thanks for sharing with us your blog.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。