秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

南紀勝浦温泉 ホテル浦島

丸駒温泉 丸駒温泉旅館 < 前の温泉     次の温泉 > 入鹿温泉 (いるか温泉) 瀞流荘

 

 

時間が取れたので急遽、計画を立てて車中一泊の温泉ドライブへ。

 

20101203nankikatsuura01.jpg

 

深夜の高速道路を中国道、近畿道、阪和道と繋いで一気に走ります。

 

20101203nankikatsuura02.jpg

 

岸和田SAでラーメン休憩。

 

そのまま湯浅御坊道路、阪和道、終点の南紀田辺からは国道42号線を

本州最南端の串本を回り込んで、太地町で睡魔に襲われ仮眠。

 

20101203nankikatsuura03.jpg

 

快晴の太平洋は熊野灘に夜が明け始めました。

 

ゆかし潟を回り込んで、湯量豊富な源泉掛け流しの、ゆりの山温泉

覗いてみますが、さすがにまだ営業されていないので、以前に訪れた

奥ゆりの山温泉 (仮称) に立ち寄ります。

 

20101203nankikatsuura04.jpg

 

「あんた、ココ裸になって入ったん? 変態やな」

 

妻に笑われながらも 「奥に地元の方の専用湯があるから覗いてみよう」

 

20101203nankikatsuura05.jpg

 

なんか以前よりキレイになってる?

 

20101203nankikatsuura06.jpg

 

もちろん湯は張ってありませんが、ちょっと撮らせていただきました。

「ありがとうございます」

 

で国道に戻って、勝浦漁港の無料駐車場にクルマを停めさせていただき、

 

20101203nankikatsuura07.jpg

 

「結構歩くね」

 

20101203nankikatsuura08.jpg

 

「さすが南の海は暖かいし、おるサカナがちゃうわ」

 

20101203nankikatsuura09.jpg

 

と、ぜひ入りたかった和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の南紀勝浦温泉を

代表するホテル浦島へ観光桟橋から渡船に乗って・・・

 

20101203nankikatsuura10.jpg

 

しばしの船旅 (笑) が楽し! 本日は立ち寄りで利用させていただきます。

 

20101203nankikatsuura11.jpg

 

入り口で記念撮影、温泉旅必携のプチ三脚が活躍します。

 

20101203nankikatsuura12.jpg

 

6ヶ所の温泉巡りが出来る館内はとてつもなく広く、それぞれの温泉への

道筋が、床に色分けされて描かれています。

 

天然の洞窟内に源泉掛け流しの名湯、忘帰洞へ向かう矢印をたどり、

 

20101203nankikatsuura13.jpg

 

ワクワクする通路を抜けて、

 

20101203nankikatsuura14.jpg

 

忘帰洞の入り口へ。

 

20101203nankikatsuura15.jpg

 

おぉ! 洗い場までが洞窟。

 

20101203nankikatsuura16.jpg

 

素敵な湯とロケーションに言葉もありません。

 

20101203nankikatsuura17.jpg

 

海寄りの湯船からは太平洋の飛沫が感じられるほど。

 

20101203nankikatsuura18.jpg

 

振り向くと、そのロケーションのすごさが!

 

しっかりと温まらせていただき、館内を移動して山上館へ向かいます。

 

20101203nankikatsuura19.jpg

 

エレベーターで32階に上がり、天海の湯を見学させていただきました。

 

20101203nankikatsuura20.jpg

 

下りはエスカレーターを使ったのですが、下っても、下っても、ひたすら・・・

 

20101203nankikatsuura21.jpg

 

途中の踊り場から日本有数のマグロ漁業基地、勝浦漁港を眺めて・・・

 

20101203nankikatsuura22.jpg

 

再び、ひたすら、ひたすら・・・ その長さスゴイ!

 

20101203nankikatsuura23.jpg

 

10分以上歩いたでしょうか、施設の大きさを体感しながら、夜だけ開店?

延々と続くお土産物屋さん & 屋台通路も抜けて・・・

 

20101203nankikatsuura24.jpg

 

もちろんここも源泉掛け流しの洞窟温泉、玄武洞へ。

 

今回は立ち寄りで利用させていただきましたが、次回はぜひ! ゆっくり

泊まりたい、ホテル浦島の湯はシアワセ温泉です。

 

20101203nankikatsuura25.jpg

 

帰りの船は、かわいい浦島丸。

 

20101203nankikatsuura26.jpg

 

昼食は紀伊勝浦駅前を歩いて散策し、名物のまぐろ丼を。

 

20101203nankikatsuura27.jpg

 

漁港の駐車場に戻り、(ここから見るとホテル浦島は目の前ですけど)

さて、次の温泉へ向かいましょう。

 

オマケ。

 

20101203nankikatsuura28.jpg

 

地球は那智勝浦で守られていたのですね。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

丸駒温泉 丸駒温泉旅館 < 前の温泉     次の温泉 > 入鹿温泉 (いるか温泉) 瀞流荘

コメント(1)

ひろりん :

らくだの湯も入りたい温泉ですねぇ。

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。