秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

入鹿温泉 (いるか温泉) 瀞流荘

南紀勝浦温泉 ホテル浦島 < 前の温泉     次の温泉 > 湯ノ口温泉 湯元山荘 湯ノ口温泉

 

 

以前、妻がオフロードバイクでの紀伊半島ソロツーリングの際に訪れたとき、

「トロッコ電車が点検中で乗れなかったよォ」 と訴えるので、那智勝浦から

湯ノ口温泉へ向かいます。

 

20101203iruka01.jpg

 

今夜は車中泊の予定。 内陸に向かうと買い物が出来る場所も、ガソリン

スタンドも少ない紀伊半島ですから、新宮市内で食材の買い出し、給油を

済ませ国道42号線から168号線に入って北上、交通量少ない169号線へ

分かれると、晴天から俄かに曇って落ち葉舞う強風です。

 

20101203iruka02.jpg

 

3県境が複雑に入り組むあたりを、国道311号線から小さな看板を目印に

トロッコ電車乗り場に向かいます。

 

20101203iruka03.jpg

 

かわいいホームに電車の姿は無く、車庫の中にはカラフルな客車がポツン、

時刻表を見ると、約1時間半に1本の発車時刻を30分ほど過ぎたところで、

これはチャンス! と、以前に妻が泊まった三重県熊野市紀和町、瀞流荘の

入鹿温泉に入らせていただきます。

 

20101203iruka04.jpg

 

入鹿温泉瀞流荘と湯ノ口温泉の間を、昔の紀州鉱山の鉱内電車を利用し、

トコトコゆっくりと暗くて狭いトンネルを通って結んでいるのです。

 

(そのトロッコ電車の詳細や、当時の写真も瀞流荘のHPから見られます)

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

南紀勝浦温泉 ホテル浦島 < 前の温泉     次の温泉 > 湯ノ口温泉 湯元山荘 湯ノ口温泉

コメント(1)

I simply want to say I am just newbie to blogs and absolutely enjoyed you're blog. Most likely I’m want to bookmark your site . You actually have amazing articles. Thanks for revealing your blog site.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。