秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

TOURING 剣山林道

 

 

台風が10個も上陸した年の秋深まって、4回目の現地集合・解散ツーリング

四国は奥物部、べふ峡温泉を目指します。

 

20041107sasa01.jpg

 

朝、まだ暗い出発はオートバイ用に借りているガレージの前での撮影から。

 

20041107sasa02.jpg

 

東へ向かう高速道路に朝日が昇ります。

 

20041107sasa03.jpg

 

明石海峡大橋!

 

20041107sasa04.jpg

 

早朝の高速道路の移動は体が冷えるので、淡路SAでコーヒーブレイク。

 

下ろしたザックの中は、予備ガソリンと工具一式、雨具でいっぱい、(笑)

林道では車載より背負うほうが自由度が高く、落下の心配もありません。

 

鳴門ICで降りて国道11号、55号線と走り、剣山スーパー林道へと向かう

県道16号線では必ず給油して満タンに。

 

20041107sasa05.jpg

 

徳島県勝浦郡上勝町側の起点に到着。

 

20041107sasa06.jpg

 

剣山スーパー林道最新の情報が多いので、もちろん十分な下調べを

してきているのですが、それにしても台風被害が顕著です。

 

20041107sasa07.jpg

 

スーパー林道の途中にあるファガスの森で休憩。

 

20041107sasa08.jpg

 

剣山方向を背景に。

 

20041107sasa09.jpg

 

90km近い距離の林道を楽しみ、那賀郡木頭村側へ抜けて国道195号線を

西へ高知県に入り、県道49号線を奥に進むと山に囲まれて笹温泉。

 

20041107sasa10.jpg

 

食堂で休憩させていただいてから・・・

 

20041107sasa11.jpg

 

大きな窓の外に広がる明るい渓谷を眺めながら、微かに硫黄の匂いがする

源泉掛け流しの湯に、ゆっくり、のんびり浸かると、あぁシアワセ。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

県道49号線を南下し、明日に備えてガソリンスタンドに寄って満タンにすれば

快走、国道195号線を県境近くまで戻って高知県香美市物部町べふ峡温泉

 

20041107befukyou01.jpg

 

剣山スーパー林道をはじめ、四国の林道を楽しむ拠点に適した場所にある、

バンガローを渡り廊下で繋いだような造りで、グループでの利用にも最適な

再々訪のここに現地集合です。

 

20041107befukyou02.jpg

 

広い湯船で林道走りの汗を流していると三々五々、それぞれのツーリングを

楽しんだ面々が到着します。

 

20041107befukyou03.jpg

 

色々な旅を聞きながらの楽しい夕食。 ボタン鍋に酒がすすみます。

 

20041108befukyou04.jpg

 

たっぷり語って朝食。 (笑)

 

20041108befukyou05.jpg

 

宿の前で記念撮影すれば 「現地解散!」 を宣言。

 

また、それぞれのツーリングが始まります。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

高知県、国道195号線から北上、徳島県を目指します。

 

20041108iya01.jpg

 

まずは楮佐古小桧曽林道入り口を探すのですが、土砂崩れで通行不可。

 

20041108iya02.jpg

 

道を尋ね、西側の林道、谷相線に向かいます。

 

20041108iya03.jpg

 

ピークの松尾越には無線中継所の廃墟があったり、素掘りのトンネルを

抜けたり、北側はガレていたりと変化に富んだ林道です。

 

20041108iya04.jpg

 

肉眼ではボディカラーとそっくりな色の紅葉に見えたんですけど・・・ (笑)

 

国道439号線に抜け、32号線で県境を越え徳島県に入り、県道45、32号線

と走れば・・・

 

20041108iya05.jpg

 

ホテル祖谷温泉の遠景。

 

20041108iya06.jpg

 

入り口は山の中腹を走る道路の高さにあり、入浴の受付を済ませてから

 

20041108iya07.jpg

 

ケーブルカーに乗って、河原にある源泉掛け流しの温泉へ。

 

20041108iya08.jpg

 

どんどん下って浴室の屋根が目前。

 

20041108iya09.jpg

 

ぬるめでヌメリ感のある湯、からだを包む気泡、微かな硫黄の匂い、さすが

四国では数少ない源泉掛け流しの、いつまでも浸かっていたい湯です。

 

20041108iya10.jpg

 

湯上りの昼食に月見とろろ祖谷そば。

 

20041108iya11.jpg

 

帰路は井川池田ICから徳島道に乗れば、高松道、瀬戸中央道の斜張橋。

 

山陽道を走ってグルっと東瀬戸内一周、現地集合・解散ツーリング完了です。

みんなはまだ走ってるかな?

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。