秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

田代元湯 やまだ館

和気鵜飼谷温泉 (わけうがいだに温泉) < 前の温泉     次の温泉 > 谷地温泉 (やち温泉)

 

 

東北温泉旅行編の一湯目、青森県八甲田山麓にある
田代元湯、やまだ館です。

GW明けに妻と二人、2泊3日で東北旅行に出掛けました。
プランは彼女に任せっきりでしたが、「野湯系2湯はゼッタイに
入りたい!」 と主張してみます。


blog_formatimg.jpg

大阪伊丹空港〜青森空港行き、約1時間。
人生2回目、新婚旅行以来17年ぶりの飛行機です。
その小ささ (観光バスなみ?) がコワイ!


blog_formatimg.jpg

空港でレンタカーを借りて青森駅前へ。


blog_formatimg.jpg

地下にある市場をウロウロして


blog_formatimg.jpg

ここ! ここ! 妻がガイドブックで見つけていた丸青食堂で


blog_formatimg.jpg

ウニ、イクラど〜ん!


blog_formatimg.jpg

八甲田山に向かいます。

国道103号線〜県道40号線を南下しながら林道入り口を
探しました。

やっと見つけて唖然、GW明けですから当然といえば
そうですが、林道は雪の下です!


blog_formatimg.jpg

いやがる妻を説得し歩き始めました。


blog_formatimg.jpg

その林道もここまで。
後は雪解け水でグチャグチャの山道を行きます。


blog_formatimg.jpg

水芭蕉なんかも。


blog_formatimg.jpg

高所恐怖症の妻に、このペラペラな丸木橋を渡ってもらうのに
5分ほどもかかりました。 落ちたらマジ、ヤバそうです。


blog_formatimg.jpg

ココまで1時間ほどだったでしょうか。
最後に吊り橋を渡ると・・・


blog_formatimg.jpg

ついに到着! 田代元湯やまだ館。 廃屋そのものです。


blog_formatimg.jpg

内湯、適温の良い湯です。 ただし屋根が今にも崩落しそう!


blog_formatimg.jpg

一応、17年目の夫婦旅行ですから・・・(恥)


blog_formatimg.jpg

露天風呂とは湯の色が明らかに違います。


blog_formatimg.jpg

セルフタイマーです。

もう一つ駒込川沿いに岩風呂露天があったのですが
この日、湯が抜いてあり入浴出来ませんでした。

そして、また1時間ほどかけて県道まで戻る途中、
あきらめきって楽しそうな妻の横で、小さな雪庇を
踏み抜いて私の足はドロだらけ。

これから始まる東北温泉旅行です。

 

 

和気鵜飼谷温泉 (わけうがいだに温泉) < 前の温泉     次の温泉 > 谷地温泉 (やち温泉)

コメント(1)

I just want to mention I'm very new to weblog and absolutely savored this website. Likely I’m likely to bookmark your blog post . You amazingly have superb articles and reviews. Bless you for sharing your blog site.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。