秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

青荷温泉 (あおに温泉)

酸ヶ湯温泉 (すかゆ温泉) < 前の温泉     次の温泉 > 温湯温泉 (ぬるゆ温泉) 鶴の湯

 

 

東北温泉旅行編、五湯目 & 初日の宿は、これまたぜひ!
ぜひ! 訪れてみたかった青森県、ランプの宿で有名な
青荷温泉です。


blog_formatimg.jpg

国道102号線からそれて、未舗装林道をけっこう走ると
眼下に見えてきました。

当初、ここを予約するときに旅行社に頼んだのですが
「その日は、いっぱいで予約は無理です」 のつれない返事。

妻は素直にあきらめていましたが、私はあきらめきれません。
もしや! と、青荷温泉に直接電話を入れると、すんなり2名分
予約が取れました。

やはり、旅行社割り当て分とか色々あるのでしょう。
努力を惜しんではいけません。


blog_formatimg.jpg

チェックインを済ませ館内に入ると・・・ 「おぉ!」


blog_formatimg.jpg

部屋は離れの十方堂でした。


blog_formatimg.jpg

窓の外には素敵な景色が広がります。


blog_formatimg.jpg

まずは龍神の湯。


blog_formatimg.jpg

湯舟の窓を開けると竜神の滝が切り取った絵のようです。


blog_formatimg.jpg

そしてランプの灯りの下での食事、津軽三味線の音に酔い
美味しい酒に酔います。


blog_formatimg.jpg

食後、囲炉裏の間で盃を重ねたあとは露天風呂 & タル湯
子宝の湯で酔い覚まし。


blog_formatimg.jpg

朝風呂は青森のヒバ材をふんだんに使って新設された健六の湯で。


blog_formatimg.jpg

そして内湯。 陽射しがまぶしい気持ちのよい朝です。


blog_formatimg.jpg

評判どおりの素敵な宿でした。

暖かくもてなしていただき、美味しい食事と楽しい酒と素敵な温泉、
シアワセな一夜でした。

 

 

酸ヶ湯温泉 (すかゆ温泉) < 前の温泉     次の温泉 > 温湯温泉 (ぬるゆ温泉) 鶴の湯

コメント(1)

I simply want to tell you that I'm very new to blogging and site-building and absolutely enjoyed you're web blog. Probably I’m want to bookmark your blog post . You amazingly come with remarkable well written articles. Many thanks for revealing your web-site.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。