秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

奈良県 __8湯 __2up

 

 

晴れ渡った冬の空があまりに気持ちよく、川湯温泉を出発してすぐに・・・

 

20050221dorogawa01.jpg

 

熊野川の河原に下りてパチリ。

 

20050221dorogawa02.jpg

 

国道168号線を北上して日本一広い村、源泉かけ流し宣言で有名な奈良県

十津川村に入り、谷瀬の吊り橋を通過。

 

20050221dorogawa03.jpg

 

県道53号線に右折してクネクネクネ、天の川温泉を横目に、舗装林道の

国道309号線、行者還林道で国道169号線へ抜けてから、入之波温泉

目指そうとしたのですが・・・

 

20050221dorogawa04.jpg

 

だんだんと路面が・・・

 

20050221dorogawa05.jpg

 

あぁ、道路崩落通行止め。

 

20050221dorogawa06.jpg

 

引き返して県道21号線を北上、洞川温泉を目指しますが、この道も凍結して

ツルッツル!

 

20050221dorogawa07.jpg

 

たどり着いた奈良県吉野郡天川村の村営温泉センターの駐車場は真っ白

積雪たっぷりで貸し切り状態。

 

20050221dorogawa08.jpg

 

湯けむりに包まれ、冷えたからだを温めます。

 

20050221dorogawa09.jpg

 

湯上りには県道48号線で小南峠を目指しますが、雪はどんどんと深くなり

越せずに引き返し、国道309号線で北上。

 

五條市を抜けて国道310号線のワインディングで大阪府へ。

 

20050221dorogawa10.jpg

 

峠近くで振り返ると、その麓の雪の中で四苦八苦した大峰山脈が遠くに、

今回のツーリングを締めくくり・・・

 

20050221dorogawa11.jpg

 

阪和道、近畿道、中国道、山陽道と乗り継ぎ、淡河PAでコーヒーブレイク。

冬の日の早い夕暮れが影を伸ばし、帰る先にと沈んでゆきます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

紀伊半島を縦に走る国道169号線、交通量は少なめですが離合困難な

狭い場所も多い山間道なので、突然の対向車に注意しながら走ります。

 

クネクネと延々北上して奈良県に入り、まだまだ走ってループトンネルを

北側に抜けたところにある、大迫ダムの上を通る県道224号線を数キロ、

ダム湖畔の道で入之波温泉の山鳩湯を目指します。

 

「入之波」 と書いて 「しおのは」 と読みます。

 

20101204shionoha01.jpg

 

道路から下へ斜面に沿って建っているので何階建てか分かりません。 (笑)

 

20101204shionoha02.jpg

 

駐車場から下って入り口へ。

 

湯船に向かって下る温泉は当たり! が多いように思います。

 

20101204shionoha03.jpg

 

その期待通り! 少しぬるめのたっぷり源泉ドバドバ掛け流し。

 

奈良県吉野郡川上村の入之波温泉湯元山鳩湯はシアワセ温泉です!

 

20101204shionoha04.jpg

 

浴槽の縁に堆積する湧出物が、その成分の濃さを示します。

 

20101204shionoha05.jpg

 

露天風呂には自然林が迫り、ダム湖の風景が広がって鳥の声。

 

20101204shionoha06.jpg

 

宿泊はもちろん、食堂も利用出来るので昼食を食べさせていただきました。

 

20101204shionoha07.jpg

 

快晴の空の下、記念撮影後には再び国道169号線から明日香村を抜けて、

165号線から南阪奈道路、阪和道、近畿道、中国道と繋いで、車中一泊の

温泉ドライブを終えます。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。