秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

そばと温泉

 

 

兵庫県小野市黍田町の源泉風呂もある、近代的で大きな施設、

白雲谷温泉 ゆぴか」 へ。

 

20050420hakuundani01.jpg 

 

雨降りの平日の午前中に伺いましたが・・・ 流行っていました。

 

20050420hakuundani02.jpg 

 

入浴前の昼食には鴨粋を、美味しかったです。

 

一日の湧出量がプール1杯分と説明の源泉湯船は掛け流し。

駐車場の担当の方の対応が素晴らしかったのと、週替わりで

男湯と女湯が入れ替わるそうなので、また訪れてみたいです。

 

オマケ。

 

20010802hakuundani03.jpg 

 

2001年夏に取材したときには、温泉を掘り当てただけの状態で

温泉スタンドのみでした。 (看板に温泉施設完成予想図が!)

 

山の反対側に播州平野の秘湯、鍬渓 (くわたに) 温泉があった

のですが、道路整備で 「風情のある隠れた場所」 だったものが

オープンになってしまったのが残念なような、便利になったような。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

大都市近隣の秘湯、情報の少なさとネーミングの素晴らしさに

ぜひ行ってみたい温泉でした。

 

休日にドライブをかねて向かいます。


20050425sankuukai01.jpg

 

篠山城跡を抜けて

 

20050425sankuukai02.jpg

 

篠山市の蕎麦屋、一会庵さんにて昼食にしました。

 

 

兵庫県から国道372号線で京都府、府道54号線でるり渓を抜け

大阪府能勢町に入って

 

20050425sankuukai03.jpg

 

長久寺から府道106号線を南に下田尻あたりで、道路西側下に

温泉マークのついた屋根が現れます。

 

府道からの進入路が分かりにくいので一旦、通り過ごしてから

安全を確かめてUターンし、向かったほうがよさそう・・・

 

南から一庫ダム東岸を走って来たなら、左手に温泉マーク屋根が

見えてすぐの狭い脇道ですが、後続車の追突に注意してください。

 

20050425sankuukai04.jpg

 

駐車場に車を停めて、こんな道? を進めば

 

20050425sankuukai05.jpg

 

大きな犬がワンワン! ガウガウ! と暖かく? 迎えてくれて

先導してくれました。 (笑)

 

すると


20050425sankuukai06.jpg

 

年代物の券売機があるのですが・・・ 本日、定休日!

 

ガックリ・・・

 

温泉の奥さんが 「遠くから来ていただいたのにゴメンねぇ、

定休日が祝日なら開けているから」 と丁寧に。

 

未入湯になってしまった大阪府豊能郡能勢町下田尻の

山空海温泉、近いうちに必ず!

 

 

入湯編はこちら → 山空海温泉

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

入湯かなわずの山空海温泉から、周辺ドライブを楽しみながら

兵庫県神戸市北区長尾町宅原にある日帰りの鹿之子温泉へ。

 

三田の市街地方面から向かうと、大きな看板はあるものの

街中の流れの速い4車線 (だったかな?) 沿いにあるので

見落としてしまうかも知れません。


20050425kanoko01.jpg

 

巨大ベッドタウンの中にある、お手頃感が嬉しい温泉です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

 

 

兵庫県丹波市山南町にある薬草薬樹公園内の温泉です。
国道427号線と175号線を結ぶ、県道86号線沿いにあります。

リフレッシュ館の中に食堂や鍼灸治療室、薬草の湯があります。
何から何まで薬草と薬樹です。

まずは食事・・・ もちろん薬膳料理メニューです。


blog_formatimg.jpg

「薬草ざるそば」 を食べました。

そして、薬草の湯へ。

露天風呂も無いシンプルな浴室ですが、週替わりの浴室内に
用意された薬草風呂は、どちらも成分濃厚で 「効きそう!」 です。

ゆっくりと立ち寄りたい温泉でした。


blog_formatimg.jpg

 

 

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。