秘湯、野湯、露天、混浴、絶景、鄙び、濁り湯、足元湧出、掛け流し。 キャンプ、山小屋、ランプの宿、近場の温泉、近所の銭湯、etc
兵庫県神崎郡市川町、姫路市などからツーリングやドライブ、サイクリング、登山などで訪れた温泉や銭湯を旅の記録としてボチボチと。

湯郷温泉 療養湯

入之波温泉 (しおのは温泉) 山鳩湯 < 前の温泉     次の温泉 > 那須湯本温泉 元湯 鹿の湯

 

 

田舎に移住して、自分自身で改築、改装を進めている我が家、その和室の

畳を上げ、床板をめくって整地、防湿シート、ワイヤーメッシュ、10cmの

生コンを打って、二重の断熱材に下地合板、杉板を張って仕上げました。

 

そこに床生コンからコンクリートブロックを立ち上げ、モルタルを塗った上に

御影石を積み、炉縁は鉄刀木で作った囲炉裏ですが・・・ 入れる灰が無い。

 

ウェブ上で知り合った、隣県の田舎暮らしDIYの大先輩に、「灰ならあるよ」

と、言葉をかけていただいたので、遠慮なく訪問させていただきます。

 

せっかくの機会、約束のお昼時には早い朝から出発して温泉ドライブです。

 

20110521yunogou01.jpg

 

中国道を岡山県、美作ICで降りて南へ走れば、すぐに湯郷の温泉街。

 

20110521yunogou02.jpg

 

温泉街には、湯郷鷺温泉館という大きな日帰り入浴施設もあるのですが、

今回は隣接する源泉掛け流しの、療養湯に寄せていただきます。

 

効能高いぬるめの湯にゆっくり浸かると、心身ともに癒されてゆくようです。

 

 

目的地へは地方道を繋ぎ寄り道しながら走りたいワタクシ、湯郷温泉から

県道349号線を行くと・・・

 

20110521yunogou03.jpg

 

存在感のある巨木が! 説明板を見ると推定樹齢600年 「長内のムクノキ」

 

20110521yunogou04.jpg

 

「下長内」 の停留所でバス待つ人に、寄り添い守ってくれているようです。

 

20110521yunogou05.jpg

 

吉井川沿いの県道26号線へ出る直前で、眼下に広がる柵原鉱山の跡。

 

20110521yunogou06.jpg

 

すでに廃線になった片上鉄道の終着駅、しのばれる栄華、硫化鉄鉱石を

産出していた旧、同和鉱業跡地です。 (敷地は現在も別事業で稼働中)

 

20110521yunogou07.jpg

 

廃線の際にはワタクシも乗車させてもらった片上鉄道が動態保存されており、

第1日曜日には運転&試乗柵原鉱山の資料館もある旧、吉ヶ原駅を中心に

広がる、柵原ふれあい鉱山公園に立ち寄ってみました。

 

20110521yunogou08.jpg

 

キハ702の向こうでは保存会の方々が保線作業に励んでおられます。

 

20110521yunogou09.jpg

 

駅舎の裏手には坑道の中で活躍していた電気機関車、EB403が。

 

昭和の繁栄を支えた鉱山、そのために敷設され時代に翻弄されながら廃線に

なったけれど現在、片鉄ロマン街道としてサイクリング等で楽しめる軌道跡、

古い車両の動態保存、etc

 

鉄道好きならずとも、ぜひ訪れたい柳原の町です。

 

 

県道26号線を北上し、県道52号線西進から快走路、中部台地広域農道に

入って快適に南下して国道484号線から岡山農業公園 ドイツの森を通過し、

何度か曲がって、囲炉裏用の灰を分けていただくアイターンホームさんへ。

 

20110521yunogou10.jpg

 

相当にボロボロだった田舎暮らし物件を、年数をかけて自らの手で再生され、

住居兼事務所として、現在も夢の広がる桃源郷作りに燃えておられます。

 

用意していただいた手作りの昼食と会話を楽しんで、木灰、そして野菜まで

いっぱいいただき 「ありがとうございます」

 

20110521yunogou11.jpg

 

分けていただいた灰を満たして、DIY囲炉裏の完成です。

 

 

Copyright (C) 2000~ 平瀬謹也 All Rights Reserved.

 

 

入之波温泉 (しおのは温泉) 山鳩湯 < 前の温泉     次の温泉 > 那須湯本温泉 元湯 鹿の湯

コメント(1)

I simply want to mention I am just all new to blogging and site-building and truly enjoyed your blog. Likely I’m planning to bookmark your website . You definitely come with impressive posts. Thanks for sharing with us your web page.

旅の記録として書いていますので、温泉に限らず「湯」を含みます。

同一施設内の異泉質の湯は、合計で「1湯」として数えています。 

昭文社発行のツーリングマップルを片手に見ていただけると嬉しいと思いながら綴っています。

施設名、泉名が変わったり、場所が移る、無くなるなどした温泉や銭湯もあります。 また合併による地名変更もありますので、行こうと思われる方は最新の情報を入手してください。