200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

エンジン内部の傷

 

 

おかげさまで忙しく過ごさせていただいた12月、
乗る間もなかったハイエースの1ヶ月間の
総走行距離は10kmもあるかないか・・・

元々、遊びオンリーの週一ドライバーなのですが、
年末はそれさえも乗っていない状態ですので、
エンジンを掛けたスパンというと、中2週間ぐらい
開いていたりします。

当然、エンジンには良くないですよね?

そういう状態で、よく言われるのが、シリンダー内の
油膜が切れてしまっていて、始動時にピストンとの
摩擦で、ガリッと傷付いてしまうというものです。

実際、どのくらい傷付くのですか?

どのような防止策が考えられるでしょう?

オートバイくらいでしたら、プラグを抜いておいて
少々クランキングしてやる、などが考えられそうですが・・・

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エンジン内部の傷

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/132