200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

ハイオク

 

 

年末が近づき、仕事に追われハイエースに乗る機会さえ
減っています。 1ヶ月で100kmも走っていないような・・・


普段はレギュラーガソリンを入れているのですが、時々
気が向けばハイオクを入れています。

車のエンジンを燃焼室が見えるまで、自分自身でバラした
ことはないのですが、オートバイは何度もバラしています。

すると、常時ハイオクを入れているエンジンは、ピストン
ヘッドもバルブ周りも、もしくは排気デバイスあたりも、
綺麗にキツネ色に焼けており、カーボンの堆積は、ほぼ
ありません。

が、レギュラーガスの場合、2stの排気デバイスあたりなど
カーボンの蓄積によって固着していることさえあります。

ふ~む、するとやはりハイオクガソリンに含まれる 「エンジン
清浄剤」 なるものの類が効果をあげているのでしょうか。

そんな気がします。

なので、長年乗るつもりのハイエースのエンジン内も綺麗に
保っておきたいので、時々のハイオクガソリンです。

「時々」 で、効果があるのかどうかは定かでありませんが・・・

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ハイオク

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/131

コメント(2)

投稿者:Y

ハイオク入れる頻度はレギュラーと交互ぐらいにしないと意味ないっすよ。
清浄効果を良く知ってるなら毎回ハイオクが理想っす。
5万キロ以下で車を売るなら気にする事ないけどね。

Yさんコメントありがとうございます!

う~ん、やはり毎回近くでないと効果は望み難いのでしょうね。

バイク用に20Lのジェリカンに入れたハイオクが余ったら
放り込んでいます。 (笑)

効果がありますように・・・