200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

床張り その22

 

 

え~・・・ 恥ずかしいのですが失敗も記録しておきます。

リアエンドのこの部分、工作としては少ないのですが
もしかすると一番目立つ部分かも知れません。

なので、ここをピシッと仕上げたいのに失敗しました。
作り直すことにします。

以下は失敗例です。


立ち上がりの部分、アクリル板を使いたかったのですが
これだけに 1800 x 900 の材料を買うのもなぁ~

なので、ソフト幅木 (ビニル製の幅木) なるものを使います。


20060806yukabari170.jpg


まずは端材で、


20060806yukabari171.jpg


造形のややこしいところの形をとります。

あてがいながらハサミで切られるところがGoodです。


20060806yukabari172.jpg


ほぼ合いました。


20060806yukabari173.jpg


その型取りした端材を定規に、本番用の材料をケガキ、切断。


20060806yukabari174.jpg


上端と、縦方向に余った分を折ってボディに両面テープで
止めます。 モールのピン部分を切り込んで逃げています。


20060806yukabari175.jpg


角にあてる金物、他の部分はアルミ製を使いましたが
ここはステンレス製で。

木に止めて金歯のジグソーで切るのですが、さすがに
ステンレスは堅く、綺麗に切れませんでした。

工具としては、ジスクグラインダーが適切でしょう。


20060806yukabari176.jpg


掃除口の切り込みは、ジスクグラインダーで削り切りました。

で、この際に削りすぎました。
このステンレスのステップ材を、もう一度購入するハメに・・・


20060806yukabari177.jpg


掃除口の方も若干、削っています。


20060806yukabari178.jpg


この金物、たぶん外部階段用でしょう。
別売りでキチッとはまるゴムがあります。


20060806yukabari179.jpg


で、そのゴムも掃除口のところを切り込んだのですが
外したり、付けたり、が容易なゴムなので、切り込まずに
ストレートで付けておけばよかったように思います。

ゴムも、もう一度購入しました・・・ トホホ。

ステンレスの金物も、削り過ぎているのが分かります。

一度、この状態で使いはしたのですが、納得いかず
作り直しを決意します。

で、ならば! と、ソフト幅木を半透明のアクリル板に変え、
その内側に照明用LEDと、夜間にハッチゲートを開けた際の
警告用の赤色LEDを仕込む予定です。

(あくまで予定ね・・・)

失敗のショックに夢だけ広げて11日目終了。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 床張り その22

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/111