200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

床張り その11

 

 

床の目地方向なのですが、ゴミの排出を考えると
縦目が理想でしょう。

が、フロア材をこのように使う場合、商品としては
まず、この方向の目地しかありませんので、
横目になってしまいます。

で実際、床張り工事中に何度もオガクズを掃いたり、
拭いたりしたのですが、目地が浅いせいもあり、
まったく問題ありませんでした。


20060703yukabari50.jpg


内装に当たる面には、ホームセンターで見つけた
ゴムチューブを二つに割き、貼り付けます。


20060703yukabari51.jpg


緩衝材としてと、多少の隙間を隠せますから。

床板は内装に対してビチビチに仕上げるほうが
良いのでしょうか? 「剛性が上がった」 という
レポートを見かけたことがあります。

逆にボディがたわんだ際に押してしまい、思わぬ
被害を生むような気もしますし・・・


20060703yukabari52.jpg


三面にゴムを貼っています。



20060703yukabari53.jpg


通常、フロア材を住宅に施工する場合、根太との間に
接着剤を流したり、防振防音ゴムを挟み込んで、床板を
踏んだ際に、動いたり鳴ったりしないようにします。

そして釘は凸部から斜めに打ち込んで、次の床板の
凹部で隠れるようにし、釘が表面に出ないようにします。

が、今回は上からビニルシートを貼り付ける予定ですし
いざというときに分解できる構造ということで、表面から
見えるのですが、この方向からビスを打ちました。

コレは、そのビスのための下穴を開けているところです。


20060703yukabari54.jpg


こちら側は切り込まない予定ですので、スライドドアとの
隙間をどの位にするか少し悩みました。


20060703yukabari55.jpg


床板を全部張ってから、ビニルシートを切る際の型取りの
ために、もう一度外す予定ですので、こちら側も現段階では
切り込まないことにしました。


20060703yukabari56.jpg


割りを書いたケガキ線を、しっかり注意して1枚目固定完了。

中央のミッションのふくらみを逃げたところの途中までしか
フロアカーペットが無く、ボディが少し見えてしまっています。

ビニルシートで隠せそうですが、気分的にカッコ悪いので
仕上げ時に何とかする予定で、今はこのまま・・・

1枚目が順調に張れ、ホッとしました。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 床張り その11

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/75