200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

床張り その10

 

 

前々から疑問のままで、その答えは分かっていない
のですが、200系S-GLで床張りをした場合、内張りの
プラスチックを床板が押さえてしまう構造になるため
考えたくはありませんが、板金が必要になった際に
床張りをはがす必要があるのではないでしょうか?

なので、そのような事態が生じても分解できる構造で
床張り計画 & 作業を進めています。


さて、ケガキ終わった1枚目の床板をいよいよ切削加工
するのですが、やはり工具はジグソーでしょう。

1ヶ月の約束で知り合いから借りました。
プロ用を使いたいところです。


20060629yukabari42.jpg


ブレード (歯) は作業のすべてで、木工円切仕上用を
使いました。

まずは1枚目の無駄になる部分で練習です。
小さな曲線が難しいですね。


20060629yukabari43.jpg


本番開始!

切削作業台としてプラビールケース、ケガキ台として
薄型テレビが入っていたダンボールが活躍しました。


20060629yukabari44.jpg


直線切りは手ノコで、切りシロが少ないので安心です。


20060629yukabari45.jpg


仮合わせ、中央部のふくらみのせいで高い位置です。


20060629yukabari46.jpg


裏側から床板の厚みを削ることだけで逃げたいのですが・・・


20060629yukabari47.jpg


切り込まないと無理でした。 ザンネン・・・
ですが、これでもまだ浮き上がっています。


20060629yukabari48.jpg


ここまで削り込んで、やっとOK!


20060629yukabari49.jpg


1枚目の切削完了!

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 床張り その10

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/67