200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

床張り その09

 

 

さて根太も張り終え、いよいよ床板を張り始めます。

床板張り作業のほとんどが、1枚目の出来に左右される
と考えますので、慎重にケガキます。

次々に張って行くフロア材の左右で、ズレを生じさせない
ように、特に1枚目はコンマmm単位でキチッと固定させ
たいですから。


20060627yukabari36.jpg


根太には、割りを考えたケガキが入っています。

今から前方の不規則な形を 「型取り定規」 を使って
写し取り、フロア材にケガキ線を入れるのですが、
定規を常に左右均等に当てないと意味がありません。

プラスチックの長い定規を仮固定し、型取り定規が
水平移動出来るようにします。


20060627yukabari37.jpg


フロア材にもあらかじめ、横方向の基準線と、型取り
定規の幅の線をケガいておきます。

2枚目からのケガキは端から追いかけましたが、1枚目は
慎重にセンター割りでケガいています。

この時点では、フロア材表面はツルツルでケガキづらい
だろうと、裏側からケガきました。 左右反転に注意です。

作業を進めて行くにつれ、この方法は危険すぎる! と
表側にケガくことになりました。


20060627yukabari38.jpg


こんな感じにあてがって写し取るのですが、ビミョーな
曲線がかえって難しいです。

フロア材へ写し終えたら、プラ定規に沿って水平移動。


20060627yukabari39.jpg


で、フロア材側もこんな風に、プラ定規をあてがい
水平が保てるようにします。

型取り定規の幅が30cmしかないので、フロア材側に
その幅でケガキ線を入れているのが分かるでしょうか。

自由曲線を、マジ自由に追っかけてケガいていると
最終地点で、ものすごいズレになってしまいます。
工夫が必要なところです。


20060627yukabari40.jpg


フロア右端、スライドドアのあたりの型取りです。

右側はステップオーバー (床板を切り込まずに) で
張る予定です。


20060627yukabari41.jpg


前側のケガキ完了。

ちなみにこの部分、微妙に左右対称ではありません
でした。 要注意です。

この時点では、絶対に問題になるミッションの逃げの
出っ張りは処理していません。

現物合わせで対処予定です。

悩みケガいて4日目終了。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 床張り その09

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/66