200系ハイエースの購入記から、床張り、ユーザー車検、ちょこっと改造したり、バイクを載せたり、旅に出たり・・・

インルーフレール(仮称) その3

 

 

目標がフラフラ (笑) しながらの製作ですので
なかなか進みません。

って実際は、この工作の途中にトランポツーリングに
出掛けることになり、急遽フルサイズオフバイクを
積むためにタイヤストッパーを付けたりしていました。

仮眠等がしやすいように、2列目のシートを使える状態で
バイクを積みたいのですが、寸法がギリギリな上、
載せたら載せたで、タイダウンベルトの適切な引っ張り
方向が見つかりません。 今後の課題です。


さて、6ヶ所のプラピン用の穴に、隠しナットが仕込めたので
さっそくアイボルトを装着してみます。


20070122inroofrail12.jpg


アイボルトのネジ部が4mmのものを選びました。

内装材の押さえにステンレスのワッシャ、高さをかせぐために
化粧ナットを使おうとしましたが、ネジが隠しナットに届かず断念。

 

20070122inroofrail13.jpg


完成イメージ。 (でした・・・)

代わりに普通のナットも使ってみましたが、今回はアイボルトの
高さが必要でも無さそうなので、結局ナット無しで装着しています。

もっと大きなアイボルトにすれば、直接タイダウンのアンカーとして
使えますが、その場合、車体側の穴を大きくする必要がありそうです。


20070122inroofrail14.jpg


写真が暗くて見えにくいのですが、片側に3個ずつが
一直線上に (これが重要!) 並んでいます。

アルミ板で作った隠しナットは、少しですが回転方向で左寄りに
両面テープで貼ってありますし、内装材にも多少クッション性が
あるので、アイボルトはどれも0時の方向で固定が可能でした。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: インルーフレール(仮称) その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://diyer.jp/mt/mt-tb.cgi/138

コメント(2)

投稿者:ある

なるほど♪そぉーなりましたか。。
私も同じ事を考えてやってみました。。
良かったら見てください。

http://minkara.carview.co.jp/userid/261035/blog/

あるさんコメントどもです!
ホームページ拝見させていただきました。

そうですか! 8mmのアイボルトだと、ちょうど
ステーに噛むのですね。

私の場合、今回は9mmのステンパイプを通したかったので
4mmのものにしましたが、アンカーとして使うならば
アルミ板の四角状のものに8mmのタップを切ってやれば
完璧ですね。

また訪問させていただきます!